レマンのロマン

肋骨骨折の治療方法はただただ安静にすること。
特にギプスで固定することも無く、痛み止めの薬を飲んでいるのでパッと見は健常ですが、油断をすると地味に痛い。
そんなワケで、買い物に行くとカミ様が色々と気を使って重いものを持ったりしてくれたりするのですが、はたから見ると亭主関白に写るようで、地味に視線が痛い・・・。

---
GWや6月の登山計画が白紙となったので、スケジュールに空きが出来たのでかねてより行ってみたかった「軽井沢レイクガーデン」のローズガーデンに行ってきました。
e0170558_21562099.jpg
こちらは、ワンコも入場OK。
無料でカートを貸し出してましたので、ありがたくお借りしました。
e0170558_22025315.jpg
広大なレマン湖の水辺に沿って、見頃を迎えているイングリッシュローズガーデンへ。
e0170558_22045219.jpg
園路には、その名の通り160種ものイングリッシュローズが咲き誇ってます。
e0170558_22204057.jpg
めがね橋を渡り、湖の中央に位置するウッドランド島へ。
迷路のような道をガラゴロと大五郎・・・もといレオをを乗せたカートを転がしてたどり着いたのは、ラビリンスローズガーデン。
e0170558_22294332.jpg
ここは、宿根草とバラの秘密の花園。
e0170558_22361624.jpg
日傘を差すカミ様。
e0170558_22400365.jpg
まだ9時過ぎなのに今日は日差しが強すぎ。
架け橋を渡って、対岸へ。
e0170558_22422956.jpg
おや?良い香り。
普段、鼻が悪いと言われてますが、これは分かる。
こちらはフレグランスローズパス。
e0170558_22470077.jpg
湖畔の小道をたどり再びウッドランド島へ。
e0170558_22530143.jpg
おや、パンティングボート「メアリーサッチャー号」で遊覧してますね。
e0170558_22581008.jpg
森を抜け橋を渡ると正面にガーデンカフェが見えてきて、ゴールはもうすぐ。
e0170558_23043721.jpg
最後はフレンチローズガーデン。
e0170558_23082939.jpg
クレマチスも綺麗に咲いていました。
e0170558_23104771.jpg
ちょっとアルプスっぽい感じにさせてくれる、見事な庭園でした。
e0170558_23133299.jpg
さて、思いがけず少し長居してしまいましたので、急いでランチのお店に向かいます。
ランチはこちら、「Organic Cafe & Restaurant RK GARDEN」。
e0170558_23155447.jpg
ガーデンショップの「FLOWER FIELD」に併設されているヴィーガンカフェ。
店内は、窓がない開放的な空間。
e0170558_23264024.jpg
注文したのは季節の高原野菜とヴィーガンキッシュのプレート。
カミ様はクスクスのミネストローネでした。
e0170558_23310564.jpg
お肉や卵など動物性食品を使わない料理をヴィーガン料理と言うそうですが、とても美味しかった~
卵を使わないキッシュってどうやって固めたんだろ?

おなかが満ちて食欲を満たしたあと、カミ様はFLOWER FIELDで物欲を満たしてました。
いっぱい苗を買ってホクホク顔。

この後、軽井沢・プリンスショッピングプラザにチョイ寄り。
e0170558_23454573.jpg
久しぶりに来てビックリしたのは、ほとんどのお店がワンコ入店OKだったこと。
数年前に来たときは、レオと店外で待つことが多かったのですが、今回は抱っこすれば入れるお店が多くショッピングが楽しめました。

最後に早めの夕飯を食べにハルニレテラスへ。
梅雨時らしい傘のディスプレイをしてました。
e0170558_23521490.jpg
面白いですね~
夕飯は川上庵でお蕎麦。
クルミダレが美味。
e0170558_23561281.jpg
夕方になっても暑さが引かずジェラートを食べたり、丸山コーヒーで豆を買ったり。
避暑地でのリゾート気分を満喫して、帰路につきました。

下界は猛暑日だったようですが、さすがに軽井沢も暑かった一日でした。

[PR]

by gp_backyard | 2016-06-18 23:50 | 閑話休題 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://gpbackyard.exblog.jp/tb/24503121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 四方山話 やまぼうし 改め 森の響 >>