カテゴリ:ガーデニング( 147 )

国バラ2017

今年も行ってきました。
第19回 国際バラとガーデニングショウ 2017
e0170558_00453283.jpg
フォトモーニング狙いで、去年とほぼ同じ5時45分頃に家を出発、7時40分頃にメットライフドームに到着。
表側の駐車場は入庫するにも渋滞してるし会場からけっこう遠いので裏の駐車場に停めました。道もスイスイですしオススメです。
・・・ん?
メットライフ・・・ドームだと?
そう、西武ドームは3/1から改名していたのでした。

今年は200番目ぐらい。昨年より10分ぐらい遅かったのですが、まあまあの順番。でも8時には定員の500人になってました。
8時30分にフォトモーニング開場。
いつものように、カミ様と別れ思いおもいのフォトスポットを駆け巡ります。
真っ先に向かったのはウェルカムガーデン。
e0170558_00500502.jpg
手がけたのはガーデンデザイナーのマーク・チャップマンさん。
カナダのブッチャートガーデンをイメージした庭園造り。
ちょっとした園路になっていて空中回廊から下界が眺められる面白い造り。
e0170558_00585764.jpg
e0170558_00585988.jpg
ちょっとドーム球場内では余計なものが視界に入ってきてしまいますねぇ・・・
本家のブッチャートガーデンはきっともっと素晴らしい景色なんでしょう。

続いてはバラのタイムトンネル。
e0170558_01054611.jpg
「ラ・フランス」が誕生して150年、現在は3万種以上あるそうです。
その中で代表的なモダンローズが年代順に咲いていました。
イングリッド・バーグマンやナエマなどなど。
e0170558_01095957.jpg
e0170558_01103626.jpg
かつてはウチの庭にもおりましたねぇ~

ニューローズBest10コーナーの先に見えてきたトゲトゲは・・・
e0170558_01143591.jpg
どーーーん!
e0170558_01153429.jpg
今年の特別展示は「世界最大のバラのいけばな」。
フレームに収まりきれない巨大なスケール。
Windowsのスクリーンセーバーみたい。

ミカ様の講演に合わせお昼休憩。
実物もオーラ出まくりでした。
ちなみに警備が厳重で写真はNGでした。

外は大雨ですがそんなことは関係無く、会場内は人で来場者で一杯。
e0170558_23400069.jpg
今度は二人で会場内をもう一周。
今回は吉谷桂子さんやひかりフラワーなど常連さんが出展出店を見送っていて、ちょっと寂しい感じでした。

ガーデンコンテストの大賞こちら。
e0170558_23452461.jpg
レンガのアーチの向こうにもうひとつのお庭。
e0170558_23463281.jpg
植栽も構造物も良く作りこまれてます。
ちなみに今回の着目点は敷物。
庭で植物の陰で日当たりが悪いところの芝が枯れてしまったので、代わりに敷石かレンガを埋め込もうと思いそのアイディアをパクろうと目を光らせてました。
細めのレンガを埋め込むといい感じ。
e0170558_23515420.jpg

こちらは常連の清水工業ガーデンさん
安定の完成度です。
e0170558_23541387.jpg
ガゼボに埋め込んだ多肉がお洒落。
e0170558_23541610.jpg
毎年様々な作品があってDIY意欲が沸いてきます。
何気に気に入ったのはここ、男子ガーデンをテーマにしたブース。
e0170558_00212911.jpg
テーブルに植え込みとか。
e0170558_00221858.jpg
キャベツボックスを重ねて棚にするとか。
e0170558_00222099.jpg
カッコいいっス。

[PR]

by gp_backyard | 2017-05-13 23:50 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

【GW7ー8】DIY東庭

GW後半は、自宅で庭仕事と家仕事デー。
朝食は、昨日軽井沢「沢村」で買ってきたパン。
e0170558_00023702.jpg
ちなみに皿に並んだポップオーバーは、キャボットコーヴで頂いたもの。
カミ様がオーダーしたとき在庫切れで、代わりに提供されたのは食パンでいたが、帰るときにちょうど焼き上がったポップオーバーを頂いたのです。

レオはまだ疲れが抜けないのか、朝から眠そう。
e0170558_00024359.jpg
まず庭仕事では、東側の板壁の補修とタープの取り付けを集中工事。
e0170558_00095303.jpg
家側に建てた柱を自作のエアコンカバーテーブルにがっちり固定し、傾いた東側の板壁を真っ直ぐにして垂木で支えました。
視界をさえぎっていたグミの木も通行の邪魔になっていた一本をチェーンソーで切り倒して、見世物小屋までスッキリと見通せるようになりました。
エアコンカバーテーブルには柱支え兼用の板壁を張り付け。
e0170558_00171513.jpg
雨樋を支柱代わりにソヨソヨと伸びていた白モッコウを壁に誘引できるようにしました。

家仕事はワックスを掛けて、部屋の衣替え。
ソファーカバーを夏用の明るいベージュ色に取替え、カーペットも赤いギャベから水色のカーペットにしてさわやかな感じ。
ワックス乾燥中は家の中に入れないので、お昼を近所の「萬や Living Cafe+」に行くのはもう毎年定番となりました。
e0170558_00283056.jpg
安定の美味しさ。
お腹いっぱいになって庭仕事にも精が出ます。

5月初旬でも暖かい日が多かったせいか、バラが開花し始めました。
今年の一番花は、アリスター・ステラグレイ。
e0170558_00320337.jpg
クリーピングタイムは満開。
e0170558_00340516.jpg
クロバナロウバイも早くも開花。
e0170558_00340943.jpg
身の丈以上に大きくなってたため、思いっきり詰めたビバーナムも元気に咲いてくれました。
e0170558_00341350.jpg

[PR]

by gp_backyard | 2017-05-05 23:55 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

【GW4】すずらんの日

本日は憂鬱な雨予報。
カミ様はユーウツそうにお仕事に出掛けて行きました。

雨予報のため、明日からのDIYのためホームセンターを巡り資材調達。
そのかたわら、すずらんの花束が売ってないかな〜と花売り場を覗いてみましたが、苗すら売ってませんでした。
やっぱり、それなりのお花屋さんじゃないと売ってないかぁ…

そんなワケで、庭に自生しているすずらんで勘弁して下さい、カミ様。
e0170558_23113313.jpg

[PR]

by gp_backyard | 2017-05-01 23:50 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

四方山話

よもやま、という山の話ではありません。

---
先週の定期診断にて。
そろそろ肋骨もくっついてきたので、軽い運動なら良いとのこと。

「先生、運動ってどれぐらい?山登りはどうでしょうかね?」
「山登りってハイキング?」
「3000メートル級の登山・・・」
「もうちょっと様子をみましょうか。」

むむ~、もうちょっとか~

---
庭模様は夏模様に移り変わりつつあり。
植物が勢いづいてきました。
バラも終わって花も色々。
e0170558_22024714.jpg
暴れて伸びたスモークツリーの枝切りをしていたら、鳥の巣の残骸を発見。
e0170558_22055034.jpg
ひょろひょろした枝では、風に揺れて住みづらかったのでしょうねぇ。

---
メダカの水槽を新調。
e0170558_22214066.jpg
昨年の夏、ハナトコで買った3匹のメダカが今や10匹。
あと1匹でサッカーができるまでに増えました。
手狭になった水槽を大きくし、ついでに水草をオサレに植え込んでアクアリウムっぽくしてみました。
水が10リットルも入るので、もはや日に当てるための移動も出来ないのでLED照明もつけてみたら、前より水草がイキイキ。

だんだんとキッチンカウンターの上がアクアリウムになっていったりして・・・

[PR]

by gp_backyard | 2016-06-26 23:50 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

やまぼうし 改め 森の響

ご近所にあった山野草や樹木を扱っていた園芸店「やまぼうし」さん。
レア苗や樹木を購入したり、庭造りのアドバイスを頂いたりと大変お世話になっていましたが、このたび笠間のほうへ移転されました。
そしてこの6/11に正式オープンされたとのことで、行ってまいりました。

山野草&カフェギャラリー 森の響
e0170558_00494928.jpg
駐車場から雑木林を抜けた丘の上に店舗兼住宅。
e0170558_00550036.jpg
お店からは清涼な雑木林が俯瞰できます。
e0170558_22574841.jpg
お店の中は靴を脱いで入ります。
やまぼうしさんのセンスが光る明るい店内。
ちょっとしたお茶ができるカフェスペースとなってます
e0170558_23034418.jpg
そこかしこに飾っている寄せ植えに心が和む~
e0170558_23054969.jpg
こちらの席からは、雑木林が落葉すると遠く筑波山が望めるそうです。
e0170558_23083997.jpg
カミ様も目を輝かせてパシャパシャ写真を撮りまくり、あれこれ器や苗を購入して楽しそう。
ちょっと遠くなってしまいましたが、度々通いたくなるやまぼうし・・・改め、「森の響」さんでした。

帰り道、この道沿いにある「言の葉」でランチ。
e0170558_23160585.jpg
昨年、水戸の内原かこの地に移転してきたとのこと。
ヘルシーな料理と窓からの里山の風景。
e0170558_23180520.jpg
のんびりまったり、味わいました。


[PR]

by gp_backyard | 2016-06-12 23:50 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

お庭訪問

例年より早く見頃を迎えていたバラが前日の雨でだいぶ散ってしまいました。
バラの季節ももう終盤という感じ。
温室前のアルビレック・バルビエは少し遅れて咲き出したので、まだ見れるかな?
e0170558_23543259.jpg
手前の赤はトラディスカント。奥の黄色はブライス・スピリット。
バラが落ち着いてきたタイミングでクレマチスが見頃。
青いクルス。
e0170558_00030203.jpg
ピンクのプリンセス・ダイアナ。
e0170558_00030466.jpg
紫のフローレプレノ。
e0170558_00030729.jpg

午後にご近所のK様がご来訪とのことで、急いで嵐のあとの庭をお片づけ。
そして、折り返しK様のお庭を訪問させていただきました。
e0170558_00094404.jpg
いつきても、イキイキとしている植物たち。
e0170558_00140103.jpg
色々な草花が咲き誇り、いつまでも見飽きないお庭。
ついつい長居してしまいました。

---
朝食は「珈琲所コメダ珈琲店」石川店へ。
水戸をすっとばして、いきなりひたちなか市まで北上してましたが、近所に出来て行きやすくなりました。
コーヒーを注文してサービスでついてくるトーストはバター&ゆで卵、あんこ、たまご3種類。
今日はあんことたまごをオーダー。
e0170558_00254432.jpg
もちろん追加で名物のシロノワールも。
e0170558_00255788.jpg
ミニサイズですが十分なボリューム。
フルサイズは一人で食べきれないかも。
こんどはランチに来てみたいなぁ。



[PR]

by gp_backyard | 2016-05-28 23:50 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

Celtic Festival 2016 in Nanatsudo Park

今週末は、七ツ洞公園の春の祭典「Celtic Festival 2016」へひとりと一匹で行ってきました。
開場は10:00からですが、いつも大渋滞がおきるので余裕を持って9:30頃に七ツ洞公園へ。
開場までは秘密の花苑を見学するつもりでしたが、着いてみたらほぼ駐車場は満車、人がいっぱい。
みなさんお早いですねぇ・・・
何となく負け組な気分で、いざ入場。
e0170558_00264276.jpg
会場の飾り付けも不思議なドルイド的な感じ?
e0170558_00375351.jpg
e0170558_00412211.jpg
おススメの花苗を「ハナトコ」と「みどりのゆび」で真っ先に買い求めて一息。
ハナトコではレオに花冠を付けていただきました・・・が、固まるレオ。
e0170558_00475112.jpg
この後、ブルブルして冠を取ってしまうので、花首輪にして会場をうろつきました。
e0170558_00495635.jpg
お昼には少し早いのですが、食料が売り切れる前に食べることにします。
「to_dining&daily goodthings」の「ランプレドット」のサンド。んまい~
e0170558_00522767.jpg
お腹を満たしたあとは、秘密の花苑をゆっくり見学。
e0170558_00574102.jpg
初めて訪れたときは、なんともイケていない庭園で逆の意味で秘密にしておきたい感じでしたが、今はまさに「秘密の花苑」のイメージにぴったり。
見事な再生です。
e0170558_23195283.jpg
e0170558_23204567.jpg
e0170558_23231197.jpg
e0170558_23240335.jpg
それもこれも水戸ガーデニングクラブの活動成果であり、また人が見に来るこんなイベントがあるからなんでしょうね。
三上君のお手植えのスタンダード仕立ての薔薇も綺麗に咲いていました。
e0170558_23280250.jpg
おっと。
そろそろレオが溶けてきました。
e0170558_23302951.jpg
暑い日にはこれ。
e0170558_23315483.jpg
美味しいかき氷をいただいて撤収~



[PR]

by gp_backyard | 2016-05-21 23:50 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

国バラ2016 その2

つづき。

昨年のコンテスト大賞受賞者のお庭「respect for nature」。
e0170558_21532689.jpg
自然と共存する庭の風景。
我が家では雑草に分類されるハハコグサがまで植栽してあるのを見ると、何とも自然な情景が感じられます。
e0170558_22093581.jpg
こちらは今年の大賞作品「小屋とにわとりと青い空」。
e0170558_23024424.jpg
e0170558_23051954.jpg
庭にひとつ欲しくなる小屋ですねぇ~

最優秀賞「散策日記~水辺のテラスで~」。
e0170558_23254485.jpg
e0170558_23261490.jpg
背景の木壁は、細かい木のブロックを貼り合せて作りこみ。
すごいですねぇ。

これに続くの作品の数々。
常連の清水工業ガーデン「Au Soleil 太陽を浴びて」は優秀賞。
相変わらずの作りこみです。
e0170558_23152145.jpg
e0170558_23192835.jpg
e0170558_23200989.jpg
一度、ここのカフェに行って見たいなぁ

ほかに目を引いたのはこちら。
「Le Nidd'oiseau(石畳の中の鳥の巣)」
e0170558_23311539.jpg
公園の中の一角と言う感じ。
見事な石畳はブルージェロードストーンかな?

「ー縁側っていいですねーみんなで乾杯!」
古民家まるまる一軒。
その軒先の情景。
e0170558_23344480.jpg
e0170558_23373412.jpg
おばあちゃんもほしい。

「コンテナ ガーデン -庭の積木 Garden Bricks-」。
立体的な遊び心のある作品。
e0170558_23511001.jpg
e0170558_23504028.jpg
普通に住めそう。

ハンギングバスケットの大賞はこちら、「「地球のうた」より」。
e0170558_23532932.jpg
作品もピカイチですが、タイトルとのマッチングもピカイチ。

お昼頃にはこの混雑具合。
e0170558_23582452.jpg
お弁当を食べて、お買い物を済ませ昼過ぎには撤収。
外のガーデニングマーケットに出店しているスタバで冷えた飲み物を仕入れ、国バラ限定の薔薇のクレミアをペロペロしながら、帰路につきました。
e0170558_00051506.jpg
---
日があるうちにマイガーデンに到着。
レオがお出迎えしてくれました。
e0170558_00105901.jpg
ウチの庭も国バラに負けず劣らず、バラがいっぱい咲いてました。
玄関横のメアリー・ローズ。
e0170558_00220234.jpg
玄関正面のアッシュ・ウェンズデイ。
e0170558_00221019.jpg
西側のパーゴラに掛かるロココ。
e0170558_00214407.jpg
温室前のブライス・スピリット。
e0170558_00212573.jpg
強剪定で小さくなったけど力強いアンジェラ。
e0170558_00222225.jpg
フロントガーデンのアンブリッジ・ローズ。
e0170558_00221853.jpg
東の壁にはセリーヌ・フォレスティエ、ビバーナム、クレマチス・レッドスターなどなど。
e0170558_00203115.jpg
シェードガーデン入り口のアーチを作るピエール・ドゥ・ロンサールとプリンセス・クラウン・マルガリータ。
e0170558_00345129.jpg
e0170558_00345405.jpg
シェードガーデン奥の見世物小屋の前のシャンプニーズ・ピンククラスター。
e0170558_00223783.jpg
そのほか、レモンの花も今が開花時期でしょうか?
e0170558_00221409.jpg
今年は実がなるかなぁ?

スモークツリーももう少しで雲を作りそうです。
e0170558_00220644.jpg
朝晩は薔薇の香りが庭中に立ち込めて、なんとも贅沢な季節です。

[PR]

by gp_backyard | 2016-05-14 23:55 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

国バラ2016 その1

数日前に通院のため早くに帰宅してみると、通りからのルイ小屋周りがいい感じ。
e0170558_22470250.jpg
家にいるときは、カミ様の車の陰に隠れて通りからは目にすることが無いので、新鮮な光景でした。
そして、心洗われて病院へいくと・・・
「もう1本折れてますね、肋骨。うーん、完治はちょっと長引くかな?」
よ、よんほんでしたか・・・

---
とはいえ、10日も経つと痛みとの付き合い方も慣れてきます。
そんなワケで、毎年恒例の「国際バラとガーデニングショウ」へ行ってきました。

もちろんこの痛んだ体でもゆっくり観賞できる「フォトモーニング」狙いで、朝5時30分に家を出発。
7時40分に160番目ぐらいで列に並び、無事8時30分に入場。
e0170558_23115011.jpg
入場してからは、しばしカミ様と別行動。
お互いある程度満喫したら連絡を取るという手筈で会場に散りました。

まず向かったのは「バラのエントランスガーデン」。
e0170558_23364842.jpg
色鮮やかな庭の景観。
今年のテーマカラーのトリコロールを配色しています。
造形も何となくおフランスな感じな貴族チック。
e0170558_23461035.jpg
エントランスガーデンに続くパリの小道を抜けて・・・
e0170558_23494006.jpg
ローラン・ボーニッシュの館に寄り道し・・・
e0170558_23543646.jpg
吉谷圭子さんプロデュースの「ジョセフィーヌが愛したマルメゾン城」へ到着。
e0170558_23570694.jpg
e0170558_00004897.jpg
圧倒的な花の帝国です。

つづく。

[PR]

by gp_backyard | 2016-05-14 23:50 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

GW5

GW5日目。
北アルプスのほうでは遭難事故が多発してますねぇ。
3000m級の山々は、まだまだ冬山のようです。
昨年登った奥穂高でも滑落事故がありましたが、夏山ではそれほど危険と感じなかった場所で、冬山はホントに怖いものだと思いました。
そんなワケで、安全第一のGP山岳会は、5/5は鍋焼きうどんを食べに春山低山登山することに決定。
それまではDIYに精を出し、この連休中に家の外壁塗装の際にバラした温室を再建を目標としましょう。

---
庭は新緑で日に日にイキイキ。
e0170558_00541205.jpg
温室一体型パーゴラにかかる「アルベリック・バルビエ」もこの通りワサワサ。
e0170558_01024776.jpg
パーゴラは温室の骨組みと両端の梁で僅かに支えられているだけ。
強度的に弱くなっているため、バラの重みと折からの強風で倒壊しかねない状態。
温室も屋根も無く壁も無くスカスカであばら家状態。
早いとこ再建しなくては・・・

温室再建中、一服ついて庭を巡り春を満喫。
満開のラベンダーには、ミツバチがぶんぶん。
e0170558_01150873.jpg
バラも次々に開花。
カーポート前の「アリスター・ステラグレイ」。
e0170558_01175799.jpg
ルイ小屋にかかる「マダム・アルフレッド・キャリエール」。
e0170558_01195903.jpg
玄関前の「ゴールドバニー」。
e0170558_01213813.jpg
「アルベリック・バルビエ」もポツポツ咲き始め。
e0170558_01220416.jpg
リビング前の「モッコウバラ」は何故こんなに小さくソヨソヨ咲くのか?
e0170558_01241389.jpg
バラ以外にもいろいろ。
e0170558_01271521.jpg
本日のDIYは、温室に柱と壁を再取り付けしパーゴラに新しい梁を通して、これで一先ず強度を確保。
取り外したバラの誘引を再度行うため、
2段ステップの上に立って、
背伸びして、
紐を通して、
ステップがグラっと傾いて、
・・・転落。

ガツンっっっ、と脇腹を植木鉢に強打。
イタタタタタ。



[PR]

by gp_backyard | 2016-05-03 23:50 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)