<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏の風物詩

「カチリ」
夜、左肩を下にして寝ていたらそんな音が聞こえてきた。
お、これは?もしや?
そう、それはここ1年ほど悩んでいた五十肩?四十肩?三十肩?が直った音でした。
早速ゴルフの練習へ。
e0170558_23403967.jpg

お~、肩が回る回る。
この調子なら次回のコンペでは肉が獲れそうだ~

---
近所のホタルの名所、もみじ谷へ。
今年は一眼カメラでバッチリ撮るぞーと意気込んでみましたが・・・
e0170558_23442076.jpg

撮影できたのはコンデジの方。
来年に向けて研究だー

---
ハナトコさん向かい、歴史館の蓮の花が見頃。
e0170558_23464573.jpg

通勤バスから眺めていると日に日にピンクの花が増えていました。
歴史館HPにも掲載されてます。
8月上旬頃まで見頃だそうです。

---
またまたecute上野で買ってきたお土産。
e0170558_002970.jpg

QINO’S THE TARTのティラミスタルト。
上野だけに当然、パンダ柄・・・、タヌキ?
う~ん、ちょっとかわいくなく、カミ様には不評でした・・・
[PR]

by gp_backyard | 2011-07-24 23:50 | 閑話休題 | Trackback | Comments(0)

なつのおもいで

水芭蕉があんなに巨大な植物とは・・・
しかも、やっと一株咲き残りを見つけました。
e0170558_1565136.jpg

夏の花ではないんですねぇ。

---
09:37 竜宮小屋で作戦会議を終え、見晴十字路へ。
沼尻川を渡り、小さな林を抜けるとそこは下田代。
e0170558_235123.jpg

燧ケ岳もすぐそこに見えます。

下田代はこれまでの上田代、中田代とはちょっと趣の違う感じ。
草紅葉が有名らしいが、今の季節はぱっと見、草原に見える。
東京ドーム何個分だろ?
e0170558_273641.jpg


10:00 見晴十字路に到着。
ここは、六軒の山小屋が軒を連ねてます。
e0170558_2164512.jpg


さて、ここまで9.3kmを3時間で踏破。
ほぼモデル時間通りの順調なペース。
だが、先ほどの作戦会議では帰りの体力を計算していなかったことが判明。
なんとなく景色に飽きてきたこともあり、疲れが見え始める・・・

10:15 燧ケ岳の山裾を回りこむようにして赤田代分岐到着。
e0170558_1543133.jpg

左手に折れて東電小屋に向かいます。
少し歩くと林の中に只見川に架かる東電尾瀬橋があり、この先は新潟県魚沼市。
尾瀬は新潟にもまたがっていたんですね~
e0170558_283820.jpg


10:30 東電小屋到着。
e0170558_2104051.jpg

軒先で雀がぽっちゃりしているような鳥発見。
管理人さんいわく、イワツバメだそうです。
へ~、これがあのイワツバメの巣のスープの元か・・・
e0170558_216447.jpg


10:50 ズンズンとヨシッポリ田代を抜けてヨッピ橋に到着。
e0170558_2232163.jpg

ここまでほとんど人影無しでしたが、大分人が増えて来ました。
山の掟に「ご挨拶」がありますが、すれ違う人が多くなるとこれがまた体力を微妙に削られる。
対向者は、歩きはじめで元気いっぱいだからなぁ・・・
ここで竜宮方面と牛首方面に道が分かれます。
e0170558_2311636.jpg

体力ゲージは点滅状態。迷わず、牛首方面へ。
こちらのルートはニッコウキスゲの群落地でした。
e0170558_2333979.jpg


身長の倍の荷物を運ぶ歩荷(ボッカ)さんに遭遇。
お疲れ様です。
e0170558_235281.jpg


11:25 やっと牛首分岐に戻ってきた~
e0170558_239884.jpg

今度は至仏山を見上げながら、山ノ鼻を目指す。
休日は大渋滞なんでしょうねぇ。
e0170558_2403585.jpg


この辺りからカミ様が一眼カメラの不調を訴え始める。
何故か撮るたびに変なメニューが出てくるとか?
でも、写真は撮れるようなのでとりあえず様子を見ることに。

11:55 山ノ鼻に到着。
e0170558_229061.jpg

行きがけに目を付けていた「花豆ソフトクリーム」で一息。まいう~
e0170558_22135843.jpg

さて、ここでカミ様が撮りためた記録を確認してみると、ここに到着する寸前の数枚だけ・・・
何故?ナゼ?尾瀬?なぜ?
どうやら電源オンのまま首から提げて歩いているうちに、カミ様の出べそスイッチが勝手にメニュー操作して全消去してしまっていたようでした。
カミ様、いっきにプチ鬱・・・

「記録よりも思い出」

そんな慰めの言葉もカミ様の魂には届きません。

13:15 鳩待峠、帰着。
e0170558_22311331.jpg

ああ、空気が重い。
ちなみに、掲載写真は私が撮ったコンデジのもの。

帰りは老神温泉で汗を流し、沼田ICから関越道、北関東自動車道で水戸までGoEast。

18:30 帰宅。重いなぁ・・・

---
北関東自動車道が無かったら、連日尾瀬に向かうことは無かったでしょう。
尾瀬が「近く」なったことで、次は尾瀬にある百名山、至仏山、燧ケ岳にに登ってみたいですね。
さて、まずはカミ様のプチ鬱を何とかしますか。
[PR]

by gp_backyard | 2011-07-07 23:55 | 閑話休題 | Trackback | Comments(6)

はるかな尾瀬

夏登山のため、足慣らしに尾瀬ヶ原を歩いてみることに。
シーズン中の尾瀬はマイカー規制もあり、激混みとの情報から夜も明けぬうちから出立。

03:20 水戸出発。
水戸はちょっと雨模様。果たして尾瀬は・・・?
気を取り直して、リバティ号で北関東自動車道をGo West。

04:30 宇都宮IC到着。
続いて日光宇都宮道路に乗り換え。
ん?なんとなくデジャヴュ・・・

06:10 戸倉第一駐車場着。
予定より早く到着したので、1本早い06:30発鳩待峠行きバスに間に合った~
心配した天気も雲間からしばしば青空が見える、まずまずの様子。

07:00 鳩待峠着。
e0170558_0222169.jpg

来た!尾瀬だ!夢じゃない!
e0170558_0231527.jpg


07:06 それでは、尾瀬ヶ原の入り口「山ノ鼻」へ向けてレッツゴ~
e0170558_16316.jpg

鳩待峠~山ノ鼻までは、森の中のハイキング。
e0170558_0344812.jpg


07:57 山ノ鼻着。
e0170558_036891.jpg

いよいよ、尾瀬ヶ原。
覚悟していた雨も無く、思いもかけずハイキング日和。
否が応でもテンション↑↑。
しかしまさかのテンション↓↓事件が帰りに起きるとは思いもよらず・・・

08:04 尾瀬ヶ原上田代へ。
e0170558_0432760.jpg

目の前に広がる湿原と燧ケ岳。
水芭蕉の季節は終わっていましたが、ワタスゲとカキツバタのコントラストが見事でした。
e0170558_0522022.jpg

「ヤマユリ」とか「レオの散歩道に咲いている」とか暴言失言を受けるニッコウキスゲ。湿原だけに失言・・・
e0170558_0544099.jpg

タテヤマリンドウやトキソウ?等々、この季節はいろいろな花が見れる季節でもあるそうです。
e0170558_112850.jpg


08:45 牛首分岐に到着。
e0170558_0302270.jpg

ここからは中田代。
ここまで、人影ほとんど無し。尾瀬の景色を二人占めという贅沢な状況。
e0170558_0402817.jpg

池塘に映る燧ケ岳。シャッターチャンスも思いのまま。
e0170558_0421820.jpg

少し日が出てきて日焼けが気になりだしたころ、竜宮小屋が見えてくる。
e0170558_0474275.jpg


09:15 竜宮十字路到着。
e0170558_0485238.jpg

竜宮小屋では、お昼を食べながら作戦会議。
 プラン①:来た道を引き返す短縮コース
 プラン②:ヨッピ橋方面へ向かい牛首分岐に戻る中回りコース
 プラン③:下田代→見晴十字路→東電小屋→ヨッピ橋→牛首分岐に戻る大回りコース
時間と体力に余裕があるため、ここはプラン③をチョイス。
これがまた、チョッピリ後悔することに・・・

つづく。
[PR]

by gp_backyard | 2011-07-07 23:50 | 閑話休題 | Trackback | Comments(2)

はるかなる尾瀬

夏登山のため、足慣らしに尾瀬ヶ原を歩いてみることに。
シーズン中の尾瀬はマイカー規制もあり、激混みとの情報から夜も明けぬうちから出立。

03:30 水戸出発。
・・・30分程寝坊したorz
気を取り直して、ポロ号で北関東自動車道をGo West。

04:30 宇都宮IC到着。
続いて日光宇都宮道路に乗り換え。

・・・

08:00 自宅でコーヒーすすりつつ、「おひさま」を見るカミ様・・・
どこか、遠い目をしているようです。

---
テンション↑↑で、順調に見えた旅路はポロ号のエンジントラブルにより日光いろは坂を前にして断念・・・

宇都宮ICを出てすぐに「EPC」と「排気警告灯」が点灯し、アクセルを踏んでも30km/h以上スピードが出ない。
すぐにVWにエマージェンシーコールするも、「レッカー移動します」ってウチらはどうすりゃいいのよ?
朝5:00からレンタカー屋は営業してないし、現地のディーラーもやってないから代車も無い。
そんな問答しているうちに、警告灯が消えたのでとりあえず先に進んでみる。
清滝ICを降りてファミマで朝食と昼食を仕入れて、いざ「いろは坂」って所で再び「EPC」と「排気警告灯」が点灯・・・
この調子では山越えは無理と判断し、無念の撤退となりました。
帰り道では、警告灯がまた消えたので無事水戸まで帰り着くことができました。

ディーラーの開店と同時にポロ号を修理に預けるも、この悔しい思いはプライスレス。
あのテンションと時間と青い空は二度と戻りません・・・

---
ぽっかり空いた時間を埋めるため、まずはレオをトリミングへ。
夏だけに暑苦しい毛をばっさりカット。
e0170558_23543588.jpg

耳も短くカットして、少し幼く見えるかな?

次にぽっかり空いた心を食欲で満たすため、「Cannery Row」へ。
e0170558_23592131.jpg

つい最近桜通りに開店したイタリア料理のお店。
いつものように前菜バイキングを食べ過ぎて、主食とドルチェバイキングが苦しいこと苦しいこと・・・

早起きしたので、今宵は早めに寝ることにします。
ZZZ・・・
[PR]

by gp_backyard | 2011-07-06 22:00 | 閑話休題 | Trackback | Comments(0)

Anniversary

とある記念日。
e0170558_23395482.jpg

季節がら、すぐにしおれるので買ってこなくていいよ、と言われつつも手ぶらでは何なので。
そして日を改めて、夕食を水戸プラザホテル「旬菜和膳 よし川」でいただきます。
e0170558_2351769.jpg

美味でございます~

---
スカされ続けたパン屋が開店していたので、やっとランチカフェできました。
「BOULANGERIE CAFE Que c'est bon」
e0170558_05387.jpg

震災後に行ったら閉店していたので心配していたのですが、常磐大学前の店舗から、よりウチに近い場所に移転していました。
e0170558_0144731.jpg

駐車場も広くなり、ググッと近くなったのでこれから行く機会が増えそうです。

---
水戸のあじさい祭りといえば「保和苑」。
にわか水戸市民のため一度も行ったことがないため、行ってみる。
カミ様にとっては、子供のころの遊び場で懐かしの場所らしい。
ただいま売り出し中、あちこちに「のぼり」が立ってたピンコロ地蔵さん。
e0170558_028211.jpg


カミ様の子供のころにはいなかったそうです。
となりには、本家宝暦の延命地蔵様が倒れていました。
震災の影響が生々しい・・・

カミ様が子供の頃に突きまくっていた鐘。
e0170558_0563344.jpg


鐘を見るたびウズウズしていたのは、子供のころの影響か・・・

その昔はアザラシもいたらしい場所。
e0170558_038481.jpg

他にも熊?孔雀?等々イロイロいたらしい。
おっ!孔雀は今も健在。
e0170558_0404399.jpg


奥の谷を下っていくと、そこには「蕎麦処 みかわ」が!!
e0170558_0441660.jpg

なるほど、ここに続いているのか~

折り返して、見晴台からの眺め。
e0170558_04799.jpg


以上、パリ・・・ではなく保和苑でした。
e0170558_0482099.jpg

[PR]

by gp_backyard | 2011-07-01 23:50 | 閑話休題 | Trackback | Comments(0)