<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

GPのこてしらべ

先日、唐松岳を登った際に登山靴のヒールサポートやつま先の接着部が剥がれていました。
9月に予定している山は片道17Kmもあり、しかも難易度が高い岩稜帯があるため、これはもたないかな~?
ということで、登山靴をつくばの好日山荘で新調しました。
e0170558_23142792.jpg
ザンバラン スパーク GT。イタリア製の登山靴です。
当初考えていたのは別の靴でしたが、接客してくれた店長さんと話していいるうちに、行く山にあった靴がよいでしょうということで、一番履き心地が良かったこの靴に決定しました。
そして一言。
「本番までに筑波山を2、3回登って慣らしてくださいね。」

---
そんなワケで 「いっちょやっつけますか~」と行ってきたのが、群馬県にある妙義山。
e0170558_23310057.jpg
4年前に特訓しに来てみたものの、途中寄り道しすぎで日没サスペンデッドとなった山です。
靴慣らしも兼ねて、カミ様に鎖場に慣れてもらおうと再挑戦。

朝7時前に家を出発し、寄り道せずに9時に妙義山 中之岳駐車場に到着。
広い駐車場には、20台ほどの車。
登山3割、観光7割ぐらいで観光客っぽい人達は、尾根を見上げて手を振って歓声を上げてます。
はて何だろ?

駐車場から5分ほどで、石門群登山道の登山口。
e0170558_00000296.jpg
登山口にはなかなか物騒な看板もあります。
登り始めてすぐに「かにのこてしらべ」。
e0170558_00030280.jpg
ほんの2、3メートルほどの鎖です。
ここで躊躇するようならこの先は難しいでしょう。
が、カミ様はささっと登ってしまいました。
たくましくなったな~

大きなアーチの第一石門通過。
e0170558_00104461.jpg
さて早くも核心部、「かにの横ばい」「たてばり」「つるべさがり」の鎖場三連チャン。
まずは「かにの横ばい」。
e0170558_00191230.jpg
横に張られた15メートルほどの鎖に沿って岩の斜面をトラバース。
e0170558_00255955.jpg
足場はちゃんとありますが、朝の雨で濡れているので慎重に。

続けて第二石門をくぐる10数メートルの登り「たてばり」。
e0170558_00361198.jpg
鎖の位置と足の置き場がいまひとつアンマッチなため、ちょっと苦労したようですが無事登り切り。
e0170558_00420813.jpg
おお、行けるね~

そして登った分20メートル降りる「つるべさがり」。
e0170558_00444636.jpg
覚悟を決めてレッツゴー。
e0170558_00454943.jpg
冷静に足場を確保して垂直降下。
e0170558_00472593.jpg
無事着地。
ちなみに見上げるとこんな感じ。
e0170558_00490490.jpg
ここの鎖場では、カミ様は特に恐怖感無く落ち着いてクリア。
これなら、石門群の先にある「大砲岩」も行けるかな?

ちょっと歩いて、10メートルぐらいの「片手さがり」。
e0170558_00544806.jpg
ここで事件発生。
足が挟まって抜けない・・・
e0170558_00555561.jpg
10:20 そんなちょっとした事件をクリアして、無事に第四石門に到着。
e0170558_00575230.jpg
ちなみに第三石門は寄り道になり行き止まりでもあるため、時短でパスしました。
第四石門見晴らしからの眺め。

e0170558_01010739.jpg
奇石が起立する風光明媚な眺めです。
右の石塔が先ほど通過した第二石門。
「つるべさがり」の鎖が見えました。
e0170558_01012569.jpg
ここまで余裕をもって鎖場をクリアしてきたので、時間もあることだし大砲岩まで足を伸ばしてみようということに。
と、ここで中間道を妙技神社方面から来た一団が、同じく第四石門の見晴らしから気勢をあげていました。
「若いっていいね~」とじじむさく思っていたら、続けて降りてきたソロのおじさんが一団を指して、
「あのひと、田中陽希さんだよ、」
と教えてくれました。
はて、どちらの田中さんかな?とはてなマークを出していると、
「二百名山一筆書きの。」
!!
おおっ!!あの田中さんですか!?
昨年、日本百名山一筆書きを制覇し、今年は二百名山一筆書きを実施中と知っていましたが、まさかここで出会うとは何という偶然。
見晴らしから降りてきた田中さんには「がんばってください」としか声を掛けられないシャイなウチら。
かわりに同行スタッフの写真でも撮っておこう・・・
e0170558_00500715.jpg
さて、気を取り直して大砲岩へ取り付きます。
e0170558_00523912.jpg
まずは、10メートルほどの下り。
つるべさがりより傾斜は緩く、難なく降下。
e0170558_00561838.jpg
次は鎖に沿ってトラバース。
こちらも先ほどのかにの横ばいと同じぐらいの難易度。
e0170558_00572712.jpg
そして、大砲岩根元の岩壁を垂直登坂。
とりあえず味見してみます。
e0170558_01025607.jpg
うん、鎖を使えば足場がちゃんとあるので、カミ様も登れそう。
じゃ、おいで~と下に声を掛けると、
「ハ、ハチーーーー!」
e0170558_01055355.jpg
この高さからでも十分見える大きなスズメバチがカミ様の周りをグルグル回ってました。
・・・あ、お尻に止まった。
「ひゃーーーーっ」とパニくって、あっという間に元来た道を逃げていくカミ様。
とりあえず、ハチが見えなくなったので岩場を降りて、カミ様と合流。

しばらく息を潜めて、ハチが戻ってこないことを確認。
今度は下からハチが来ないか見張っている間に、カミ様を先行させます。
e0170558_01164487.jpg
やっと、大砲岩の根元に取り付きました。
まっすぐに、両脇が切れ落ちた岩場を進めば「天狗のひようてい」。
e0170558_01184524.jpg
左に両脇が切れ落ちた岩場を進めば「胎内くぐり」・・・
e0170558_01222960.jpg
右に両脇が切れ落ちた岩場を進めば「大砲岩」・・・
e0170558_01241091.jpg
いずれも、ナイフリッジじゃん・・・
ここは幾分マシな「大砲岩」方面に足を踏み出し、その先を覗いて見ました。

いやもう十分に岩場の醍醐味を味わったので、撤収~。

下山は普通の登山道の中之嶽神社のほうから。
e0170558_01304490.jpg
駐車場に戻り、帰り支度をしていると再びあの田中さんが。
e0170558_01330255.jpg
ガスの取れたギザギザの尾根を撮っていました。
スケジュール表によると、この後、荒船山に向かうようです。
一日二山登るとは、パワフルですね~

さて、これで鎖場岩場のスリルを味わって9月の本命登山に向けて準備万端。
ちなみに、どの鎖場が一番怖かったか、カミ様に聞いたところ、
「スズメバチが怖かった~」
あ~、印象が全部そっちに持って行かれたか・・・


---
ちなみにこちら、数年前に小栗旬のCMに出てきた妙義山。
険しそうですね~

小栗旬のカローラのCM


[PR]

by gp_backyard | 2015-08-22 23:50 | 閑話休題 | Trackback | Comments(0)

にゃんこ先生

8月11日~18日の間、水戸京成百貨店で【岩合光昭 写真展「ねこ」】が開催されていました。
そして、本日はなんと
岩合光昭先生のトークショー&サイン会!
残念ながらカミ様はお仕事なので、お一人様で行って参りました。
e0170558_00011255.jpg
開店と同時に会場に行ったのですが、すでに長蛇の列。
やっと入場し、写真集を買って
トークショー会場に行くとここも黒山の人だかり。
さすが
岩合先生、すごい人気です。

冒頭に「いい子だね~」のセリフから始まり、あのネコジャンプ写真の撮影秘話その後や津軽子ネコたちのお話など楽しいトークを堪能いたしました。
e0170558_23523522.jpg
トークの後はサイン会。
開店と同時に入場したおかげで、整理券番号は69番。
無事サインもいただき、がっちり握手。
e0170558_23572704.jpg
先生は終始にこやかで一人ひとり声をかけ、丁寧にサインして握手していました。
きっと、あのスマイルにネコたちもメロメロなのでしょうね。
e0170558_00014794.jpg

[PR]

by gp_backyard | 2015-08-14 23:50 | 閑話休題 | Trackback | Comments(0)

GPの二度戻り

八月の登山は、八方尾根からの唐松岳~五竜岳への1泊2日ピストンコースに決定。

選定の一番の理由としては、先月の常念岳登山で見かけた「山が好き酒が好きTシャツ」を五竜山荘で手に入れるため。
・・・などという軟弱な理由ではなく、九月の本命登山に向けたステップアップとしてヘルメット装着の予行演習が出来るコースだから。

他にも、
・雷鳥が見れるかも
・リフトでアプローチが楽々
・景色がきれい
・高山植物がいっぱい
などなど、なかなか楽しめそうな登山コースです。

計画にあたっては、いざというときのためエスケープルートや日帰りも想定していましたが、これが役に立ちました。
ほんと、山は天気がどうなるか読めませんねぇ・・・

では出発。

---
8/12
00:00 水戸出発。
今回は珍しく予定通りの時刻に出発。
忘れ物も無し、仮眠もバッチリで幸先良いスタート。

04:40 長野県白馬村八方尾根 黒菱駐車場着【標高1500m】
ほぼ予定時刻に到着。
唐松岳へリフトを使って登るときは、ここ黒菱ラインか八方アルペンラインのどちらかを使うのですが、リフト代が安い(黒菱は往復1,120円、八方は往復2,900円(!))ので今回はこちらの駐車場に停めました。
駐車場のキャパは200台ほどですが、3割ぐらいでガラガラ。
満車のときは八方アルペンラインからリフトに乗ることも想定していましたが、夏休みとはいえ平日なので空いていたようです。

それでは、リフトが動くまで1時間ほど仮眠しますZzzz。。。

05:30 起床。
ん~、スッキリ。
徹夜で登るとこの後の体調に響きますので予定通り到着できたのは良いことです。
夜も明けて、空と景色を確認。
e0170558_02291315.jpg
ちょっと雲が多いですが、まずまずの天気。
振り返ると、白馬三山がくっきり。
e0170558_02291679.jpg
ピーク左から、三角形の白馬鑓ヶ岳、台形の杓子岳、なだらかな白馬岳。
今日は高曇りで山には掛からず、景色は良さげ。
これならば、あの有名な景色も見れるかな?

06:40 黒菱第3ペアリフト搭乗
リフトの夏季営業は06:30から。
みなさん早々に準備して並んでいたので、少し出遅れました。
e0170558_02383259.jpg
チケットはお得な「白馬八方温泉セット券」を購入。
約7分で黒菱平【標高1680m】に到着。
ここからも、白馬三山がバッチリ。
八方アルペンラインとここで合流し、次のグラートクワッドリフトに乗り換え。
e0170558_20232251.jpg
グラートクワッドリフトからは、今回の最終目的地の五竜岳(中央のゴツゴツした山)とさらにその奥に双耳峰の鹿島槍ヶ岳(チョイ左の両耳がピョコンとした山)が見えます。
いやはや絶景~
e0170558_20304363.jpg
07:00 約5分で八方池山荘【標高1830m】に到着。
いやはや楽チン♪
e0170558_20353042.jpg
ここが唐松岳への登山口。
さぁ、身支度を整えて、いざ登山開始!
ちなみに登山ポストは山荘に入ったところにあります。

山荘脇から道は二股に分かれてました。
一方はゴツゴツした岩の道ながら白馬三山を眺めながら歩く登山道。
もう一方は八方池までのハイキング観光客向けの整備された木道。

・・・もちろん、GP山岳会は迷わず木道を選び体力の温存を図ります。
e0170558_22280590.jpg
足元の高山植物を愛でつつ、観光ハイカーをパスしながらズンズンと歩を進めます。

ミヤマアズマギク、ヤナギラン
シモツケソウ、タテヤマウツボグサ
e0170558_21322629.jpg
コウメバチソウ、オニアザミ
カライトソウ、クルマユリ
e0170558_21323567.jpg
シナノオトギリ、クガイソウ
イワショウブ、キバナノカワラマツバ
e0170558_21323863.jpg
シロバナヤマホタルブクロ、イワシモツケ
イブキジャコウソウ、ワレモコウ
e0170558_21324014.jpg
実はこの唐松岳登山道の岩は蛇紋岩。
至仏山ではツルツル滑って無駄に体力を消耗した記憶があり、先を急ぐ今回は歩きやすい木道を選んで正解でした。

登山道と合流すると白馬三山が望める見晴らしの良い道に。
07:35 第2ケルン(息ケルン)【標高2005m】通過。
e0170558_23025401.jpg
八方池までもう少し。
ハクサンシャジン 、ミヤマアキノキリンソウ
タカネマツムシソウ、???

e0170558_23072815.jpg
07:45 変顔の八方ケルン【標高2035m】通過。
e0170558_23221102.jpg
やっと八方池が見えてきました。
e0170558_23294261.jpg
そしてその向こうには、唐松岳と白馬鑓ヶ岳の間にまたがる不帰ノ嶮(かえらずのけん)。
あれは無理げ・・・。
振り返ると麓は雲の下。
e0170558_23294435.jpg
08:00 第3ケルン着【標高2080m】
e0170558_23342934.jpg
20mほど下にある八方池に下りて、池に映る白馬三山をパチリ。
e0170558_23365216.jpg
青空でないのが残念ですが、雄大な光景です。

しばし景色を眺めながら休憩。
この先の本格登山道に備えます。

08:15 次の休憩ポイントの丸山ケルンに向けて出発。
ここからは、少々険しい登山道となります。
e0170558_23435524.jpg
下ノ樺と呼ばれるダケカンバの林を抜け・・・
e0170558_23471886.jpg
ハイマツ帯を進み・・・
e0170558_23485612.jpg
再び樺と呼ばれるダケカンバの林に入ると、眼下に扇雪渓が見えてきました。
e0170558_23524570.jpg
雪渓周りはひんやり涼しいので、ここで休憩することにします。
子供を背負って登ってきたお父さん、すごいなぁ・・・
e0170558_23550035.jpg
さて一息ついて、唐松岳頂上山荘に向けて出発。

09:30 丸山ケルン【標高2430m】通過。
e0170558_23585946.jpg
雪渓で休んだので、スル~
ちょっとだけ怖そうで怖くないところもありましたが・・・
e0170558_00013978.jpg
e0170558_00034673.jpg
e0170558_00034847.jpg
10:15 唐松岳頂上山荘着【標高2620m】
e0170558_00064351.jpg
この先に見えるピークが唐松岳。山荘から20分ほどです。
西側には立山、剱岳。
e0170558_00094653.jpg
そして南側には、牛首と呼ばれる難所の先に目指す五竜岳。
e0170558_00094864.jpg
さてここで作戦会議。
ここから、難所の牛首を越えて五竜山荘へは、2時間半ほど掛かります。
五竜山荘には出来れば14時には到着したいと考えていましたので、唐松岳頂上山荘に10時に着いたらチャレンジしようと考えていました。
唐松岳の頂上アタックはひとまず置いておいて、ヘルメットを装着し先を急ごうとしたところ・・・
ばびゅーーーーーッッッ
e0170558_00205446.jpg
登ってくるときはほぼ無風だったのに、突然冷たく強い西風が吹きだして、この険しい稜線を進むのはちょっと危なそう・・・
一旦山荘まで引き返して、再度作戦会議。
とりあえず、唐松岳頂上に登って不帰ノ瞼を覗いてみようか、ということに。
途中、コマクサやトウヤクリンドウがポチポチ。
e0170558_00313002.jpg
e0170558_00313291.jpg
11:30 15分ほどで唐松岳山頂着【標高2696m】
e0170558_00341846.jpg
唐松岳山頂は、広くて360度いい眺め。
不帰ノ瞼は覗いてみたけど、やっぱり無理ムリ。
e0170558_00372553.jpg
いつかは、剣岳。
e0170558_00390980.jpg
唐松岳頂上山荘はこんな感じの場所に建ってます。
e0170558_00403591.jpg
11:50 三度山荘に戻り、作戦会議。
もう一度、牛首を覗いてみて先行者がいればついて行ってみようということに。
e0170558_00480926.jpg
鎖場まで取り付いてみましたが、やっぱり風が強く体が安定しません。
先行した年配のペアはおっかなびっくりな感じ。
e0170558_01263566.jpg
さてどうしようかね?と様子見していると、五竜方面から来る人がいたのでどんな感じか聞いてみると、「この先は巻いて下って険しく、明日雨になるので帰って来れなくなるよ」とのこと。
確かに、雨のときは通りたくないなぁ・・・
一応、雨のときは遠見尾根というエスケープルートも考えていましたが、車までタクシーで戻らねばなりません。
時間的にもタイムリミットで、さらに明日雨が降るとなれば、もうここは潔く撤退。
では、山荘まで戻りましょう。
e0170558_01004433.jpg
12:40 四たび唐松岳頂上山荘に戻り食堂で昼食。
五竜山荘の夕食はカレーが名物だそうなので、あえてカレーを注文。
e0170558_01031460.jpg
さらに残念会も兼ねて、ケーキもオーダー。
e0170558_01040970.jpg
どちらも美味しかったです。
さぁエネルギーチャージ完了。

13:10 下山開始。
最終リフトは16:40。
下山の標準タイムは3時間ほどの行程ですので余裕あり。
さらば、牛首。またいつか。
e0170558_01091938.jpg
13:40 丸山ケルン通過
e0170558_01102651.jpg
13:50 扇雪渓で小休止。
五竜山荘に行ってきた人はみんな誇らしげに例のシャツを着ていました。
e0170558_01132552.jpg
自転車担いで登ってくる人も・・・、え!?
e0170558_01150362.jpg
彼は翌日牛首を越えたらしい・・・

14:40 八方池通過
雲が掛かってきちゃいましたね。
e0170558_01185952.jpg
14:50 第3ケルン通過
e0170558_01201551.jpg
14:55 第2ケルン通過
e0170558_01212611.jpg
帰りも時短のため木道を利用。
e0170558_01220731.jpg
15:15 八方池山荘着
だいぶ時短で到着。
ご褒美にソフトクリームをいただきます。
e0170558_01240748.jpg
15:30 グラートクワッドリフトに搭乗。
e0170558_01284888.jpg
15:40 黒菱第3ペアリフトに搭乗。
駐車場が見えてきました。
e0170558_01302970.jpg
15:50 駐車場着
e0170558_01330723.jpg
八方温泉「八方の湯」で汗を流し、家路へ。

23:00 帰着
丸々23時間、長い一日でした。




[PR]

by gp_backyard | 2015-08-12 23:50 | 閑話休題 | Trackback | Comments(0)

夏庭

今年はエルニーニョで冷夏とか何とか言っていたような気がしますが、いざ梅雨が明けたら夏らしい猛暑。
庭の様相も暑さに強い草木はグングンと育ってワイルドな感じ。
e0170558_10123143.jpg
暑すぎるのかバラ達は葉っぱがパラパラと落ちて、枯れちゃったんじゃないかと心配してましたが、立秋を過ぎる頃には夏バラがポチポチ咲いてました。
温室前のブライス・スピリット。
e0170558_10161790.jpg
カミキリ虫にやられて再生中のスノー・グース。
e0170558_10173320.jpg
門に這わせたリーポーは、暑さのためか古い枝が枯れて新しいシュートがグングン伸びてました。
e0170558_10173673.jpg
こちらもカミキリ虫にやられて瀕死のブルーフォーユー。
この株は、この花が見納めかも・・・
e0170558_10174550.jpg
ルイ小屋前のモンステッドウッド。
こちらもカミキリ虫にやられてます。
e0170558_10263788.jpg
夏バラは色が薄くて、日に当たると透け感がありますねぇ。
ところで、今年は暑さのせいかチュウレンジが少ない気がするのですが、代わってカミキリムシにやられている株が多いようです。
パトロールを強化せねば・・・

---
今日、8/11は来年から「山の日」。
もっとも、大抵は夏季休業中なので祝日の恩恵が受けられなくて残念ですが・・・

そんな山の日の翌日の明日(といっても夜0時出発ですが)、白馬方面へ行ってきます。
ロープウェーで楽々登山ですが、ちょっとスリルも味わってきます。
雷鳥いるかな~

[PR]

by gp_backyard | 2015-08-11 19:00 | 閑話休題 | Trackback | Comments(0)

夏祭り

8/7は水戸の花火を観賞しに、レオも一緒に千波湖畔へ。
e0170558_10442538.jpg
今年はスターマインが多かったような?
例年よりさらに見応えがありました。
e0170558_10543927.jpg
翌8/8は市民カーニバル。
e0170558_10563597.jpg
毎年、暑い中踊るのは大変そうと思ってましたが、ことしは風が涼しく、逆に寒いくらい。
踊りやすかったでしょうね。

今年も「いずみや」で初氷。
e0170558_11013966.jpg
相変わらずの昭和の値段ですが、氷がフワフワで美味しい~
その辺の屋台で食べるよりお勧めです。

そして8/9は御神輿わっしょい。
e0170558_11165760.jpg
10基もの御神輿が練り歩く様は迫力がありますねぇ。
e0170558_11211782.jpg


---
「anela」さんのワンコ雑誌への広告にレオの写真が載っていました。
e0170558_11064285.jpg
「anela」さんにはちっちゃくてかわいいワンコがいっぱいカットしに来ているのですが、その並みいるワンコたちを押しのけて選んでもらえるとは。
・・・家じゃこんな感じで毎日ソファで伸びてるうですけどね。
e0170558_11110329.jpg
---
8/9の神輿担ぎを見る前に、静かな裏通りにある「片寄養蜂」へちょっと立ち寄り。
e0170558_11242791.jpg
お店ではニャンコがお出迎えしてくれます。
こちらの蜂蜜、国産純粋100%。
とっても美味です。
e0170558_11292507.jpg
e0170558_11294047.jpg


[PR]

by gp_backyard | 2015-08-09 23:50 | 閑話休題 | Trackback | Comments(0)