<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

とある惑星っぽい風景

04:15 起床
窓の外は真っ白け。
むむぅ、今日から天気は崩れるのかなぁとちょっと心配。
とりあえず、5時から朝食なので準備をして並びます。

05:00 朝食
e0170558_00530413.jpg
こんな山奥でもちゃんと旅館並みの朝御飯。
ありがたや~
しっかり食べて今日のロングトレイルに備えます。

朝食を食べ終わって、外に出てみると高曇りの天気模様。
山頂にはガスが掛かっていないようなので、ご来光は無理そうですが展望はまずまずといった感じ。
e0170558_00581418.jpg
05:30 双六岳へ出発。
それでは、「あの」景色を見に双六岳山頂へレッツゴー。
e0170558_00594040.jpg
双六岳は標高2860m。
2600mの双六小屋からは標高差260m、コースタイム50分の道のりをゆるゆると登ります。
途中、振り返ると常念岳方面から朝日が顔を出すのが見えました。ラッキ~
e0170558_01050478.jpg
と、ここでトラブル発生。
カミ様の左目が取れてしまいました。
左目といってもワンデーコンタクトレンズですが、山道で視界が悪いのはちょっと危ないな~
カミ様曰く、遠くは右目で見て、近くは左目で見れば大丈夫とか。
ホント?

05:50 巻き道分岐通過
e0170558_01082944.jpg
少し急だった登り道が緩やかになり、双六岳山頂を巻いてカール沿いに三俣蓮華岳へ向かう道が見えました。
今回は直進。

5分ほど進むと中間道の分岐。
中間道も双六岳山頂を巻いて三俣蓮華岳へ向かう道。
e0170558_01115974.jpg
ここも直進。

緩やかな道が、ゴロゴロした岩場の急登となり、登りきると・・・
e0170558_01172487.jpg
そこはハイマツの茂る平らな大地。
e0170558_01195090.jpg
振り返ると地平線からピョコンと槍ケ岳が顔を出してます。
e0170558_22325561.jpg
左を見れば笠ヶ岳も地平線からピョコン。
e0170558_22430722.jpg
険しい山道を登りきった先にこんな風景が広がっているなんて不思議~
この平原の先にある双六岳の頂上へ向けて、ハイキング気分で歩を進めると・・・

カミ様が雷鳥を発見!
e0170558_22484223.jpg
・・・て、どこどこ?
(上の写真の中央をジーッとみてください)
いたーーーーー!
e0170558_22552328.jpg
登山道からほんの3メートルぐらい離れたハイマツの脇に発見。
見事な保護色で気がつかなかった。
カミ様はよく発見できたな~

なかなかこちらに顔を向けてくれないので周りこんでパチリ。
e0170558_22581351.jpg
後から来たソロの男性にも雷鳥がいることを教えてあげると、喜んで写真をパシャパシャ撮ってましたが、「なかなかこっち向いてくれないですね~」とポツリ。
「いやいや、こっち向いてますよ~」と答えると、何ともう一羽いた!
e0170558_23061326.jpg
お互い別の雷鳥を見てたんですね・・・
って、さっき周りこんだときその辺通ったんだけど・・・
ついつい興奮して10分ほどの雷鳥タイムを満喫。
絵になるね~
e0170558_23134066.jpg
雷鳥の親子に別れを告げて、双六岳山頂を目指します。
e0170558_23173159.jpg
06:40 双六岳山頂着【標高2860m】
e0170558_23200817.jpg
山頂からの眺めもまた最高~

北側には手前に三俣蓮華岳、左に鷲羽岳とその奥に水晶岳、さらに遠くに立山連峰と剱岳。
e0170558_23270253.jpg
南東方向には登ってきた登山道の先に槍ヶ岳と穂高連峰、左奥のほうには常念岳・・・かな?
e0170558_23300133.jpg
360度、見渡す限り北アルプス。
e0170558_23423022.jpg
さぁ、たっぷり景色を堪能したので下山しますか。

帰りは槍ヶ岳に向かって一直線。
e0170558_01100744.jpg
この風景、赤くするとまるで火星みたい。
e0170558_01121712.jpg
帰り道、またまたカミ様が雷鳥を発見。
e0170558_01145809.jpg
カミ様はこの2年間、願っても会えなかった雷鳥に沢山出会えて大満足。
またパシャパシャと撮影会を実施。
ほんとに逃げないんだな~

07:40 双六小屋へ戻ってきました。
e0170558_01203934.jpg
デポしていたザックを回収して、下山準備を整えます。

ここで作戦会議。
当初の登山計画では、このあと笠ヶ岳へ向かい笠ヶ岳山荘でもう一泊して、翌日に笠新道で下山というもの。
ところが明日の天気は午後から崩れるとの予報。
下山に使おうとする笠新道は噂に名高い北アルプス屈指の急坂とのことで、雨に降られたらちょっと怖い。
ということで、ここは潔く撤収を決断。
登ってきた小池新道で今日のうちに下山することにしました。

08:00 双六小屋発。
テント場もほとんどの方は出発していて寂しい感じ。
e0170558_21550330.jpg
帰りはずーっと槍・穂高を眺めながらの稜線歩き。
いやもう至福の時間。
e0170558_22384436.jpg
08:55 弓折乗越【標高2560m】
e0170558_22434632.jpg
稜線歩きはここで終了。
鏡平まで下ります。

09:20 鏡平山荘着【標高2300m】
e0170558_22475941.jpg
ここで、昼食タイム。
朝ごはんを5時に食べたので、腹時計ではちょうど昼どき。
これから小池新道の長い下りが待ってますので、シャリバテする前にエネルギー補給しておきます。
注文したカレーは具材がゴロゴロ、ご飯が大盛り。
e0170558_22591682.jpg
美味しくてつい完食してしまいましたが、お腹が苦しい・・・
40分ほどくつろいで鏡平を出発。

10:30 シシウドヶ原通過【標高2090m】
e0170558_23061020.jpg
10:45 イタドリヶ原通過【標高1916m】
11:00 チボ岩通過【標高1800m】
11:10 秩父沢出合通過【標高1720m】
11:45 小池新道入口【標高1470m】
e0170558_23104429.jpg
登りではあれほど長く感じた小池新道ですが、帰りはサクサク降りられました。
ん、なんか足の裏に違和感が?

12:00 わさび平小屋【標高1402m】
わさび平小屋で小休憩。
e0170558_23141681.jpg
12:20 笠新道入り口通過
e0170558_23162438.jpg
たったいま、笠新道を降りてきたらしい中高年の団体さん。
皆一様にシンドそうでした。

サクサクと林道を駆け下りますが、なんか足が靴の中で動くな~?

新穂高温泉近くまで降りてきましたが、車は鍋平に駐車しているので新穂高ロープウェイに乗ります。
そこで、新穂高温泉駅への近道はこちら。
e0170558_23225664.jpg
13:00 新穂高温泉駅着【標高1117m】
e0170558_23250965.jpg
ロープウェーは30分おきに出発。
鍋平高原駅で降りて、駐車場で車を回収。

槍ヶ岳に登った帰りに入った温泉にまた立ち寄って汗を流してさっぱり。
またまた牛乳で乾杯!
e0170558_23323751.jpg
帰り道は横川SAで夕食を取って、21:10に無事マイホームへ到着。
お疲れさま~

レオ君は翌日に回収。
レオもお疲れ~

[PR]

by gp_backyard | 2016-09-11 23:50 | 閑話休題

双六岳はやまらない

夏山登山のシーズンは、もう終盤。
8月を過ぎると、3000m峰の朝晩は気温はひと桁台とめっきり寒くなってきました。

さて、今回目指す山は8月にキャンセルした笠ヶ岳。
せっかくなので、周回コースで双六岳の方まで足を伸ばし、2泊3日のガッツリ登山を当初計画しました。
笠ヶ岳に登る笠新道は噂に名高い急登との事で下山に使うことにし、まずは緩やかな小池新道で双六岳へ。
そこから稜線を伝って笠ヶ岳たへ至り、笠新道で下山。
などと、考えてましたが3日目の天気が下り坂のようで・・・

---
9/9 22:00 水戸出発。
新穂高温泉の駐車場は常に激戦状態なので、今回は早めに着いて駐車してから仮眠する作戦。
珍しく旅のしおりの時間通り出発できました。

9/10 03:00 新穂高温泉市営新穂高第3駐車場(登山者用無料駐車場)着【標高約1040m】
今回は早いし大丈夫かな~と思ってましたがすでに満車状態らしく、バリケードで封鎖されてました。
登山指導センター近くの有料第1駐車場は時間外、第2駐車場も満車らしい。
早々にあきらめて新穂高ロープウェイ駐車場のほうへ移動。

03:20 新穂高ロープウェイ鍋平高原登山者用駐車場着【標高約1250m】
2年前の槍ヶ岳登山のときと同じく、こちらに駐車。
下のほうには鍋平登山者用駐車場がありますが、こちらのほうが登山指導センターまで近いのでまだ便利です。

05:00 起床
ぐっすりと仮眠できてスッキリ。
朝食を食べて、外に出るとひんやりしたとした空気。
もう夏の雰囲気じゃないですねぇ。

05:45 出発
周りも明るくなって来ましたので、いざ出発。
e0170558_22162892.jpg
笠ヶ岳(かな?)がちょっぴりモルゲンロート。
とってもいい天気で、テンション上がる~
駐車場から登山指導センターまで200mの激下り。
前回この下り道は経験済みなので覚悟は出来てましたが、熊が出るとは聞いてない・・・

06:15 新穂高登山指導センター着【標高約1090m】
e0170558_22225416.jpg
今日も登山者がいっぱい。
登山届けを提出し、準備を整えます。

06:30 新穂高登山指導センター発
登山センターにいたほとんどは、槍ヶ岳方面の右俣林道へ行くようです。
うちらは今回は、登山センター越しに見える笠ヶ岳方面の左俣林道に向かいます。
駐車場が遠くなったので旅のしおりから30分遅れの歩き始めとなります。
e0170558_22275376.jpg
いつも思うんですが、あれだけ沢山の登山者がいるのに歩き始めると前後に人影が見えないのは何故なんでしょうかね?
メジャールートのはずなのに・・・はて?

しばらくは緩やかな登りの幅の広い林道歩き。
ちょくちょく見える稜線と青空に気分は上々。
e0170558_22422798.jpg
途中、全然風を感じない「お助け風穴」や「傾いた橋」とかを通過。
「一切の責任を負いかねます」と言われてもね~・・・

07:30 笠新道登山口通過【標高1370m】
e0170558_22464578.jpg
笠新道の入り口を覗くと、いきなり切れ上がるような上り坂。
e0170558_22515758.jpg
谷川岳の西黒尾根みたい?
噂にたがわぬ急登の匂いがプンプン。
とはいえ今回の登山計画では、笠新道は下山で使う予定なので今日はスルーします。

07:40 わさび平小屋【標高1402m】
e0170558_22553842.jpg
ここで小休憩。
冷やしトマトやスイカやオレンジが美味しそう。

08:10 小池新道入口【標高1470m】
わさび平小屋からさらに20分ほど林道を歩くと、いよいよ本格登山道。
e0170558_23034034.jpg
眼前には青い空と目指す稜線。
ここから、高低差1100mを約6時間かけて登ります。
・・・けっこう遠く、高く見えるなぁ。

小池新道はとてもよく整備された登山道で、よくもまぁこんなに平らに石を並べたと感動するほど。
e0170558_23113143.jpg
ガイドの○印や矢印もこれでもかと言うぐらいマークされていて、道迷いの心配も少なく安心です。

09:00 秩父沢出合通過【標高1720m】
e0170558_23142074.jpg
ここに設置されている二つの板の橋は、登山シーズンのみ期間限定だそうです。
水量が少ないので晴れた日は何てこと無いですが、雨が降ったら渡るの怖そう~

09:20 チボ岩通過【標高1800m】
大きな岩がゴロゴロと押し出している沢。
e0170558_00471066.jpg
「チボ」とはここの方言で「スリ」のこと。
ここで物を落としたら、岩の間に入ってしまいスリ取られたように取り戻せないからとかなんとか。

09:50 イタドリが原通過【標高1916m】
もうこの辺は傾斜がきつくてなっていて、しかもあまりにもいい天気に暑くて足取りが重い・・・
うつむきがちになりますが、思い出したように顔を上げると目に入る風景には癒されます。
e0170558_00472415.jpg
あまりの暑さに絶対に「鏡平山荘名物のカキ氷」を食べるぞ~と、かたく心に誓います。

10:30 シシウドが原【標高2090m】
ここでシャリ休憩。
奥穂西穂の稜線を眺めながら、パンとおにぎりを軽く補給。
e0170558_01040725.jpg
カミ様はお昼ご飯本番を双六小屋のカツカレーと定めているようだ。
昼飯時に間に合うかな?

ここからはさらに急登となります。
「熊のおどり場」と呼ばれる小さな湿原を通過するとあと30分ほどで鏡池。
ステップを踏むカミ様♪
e0170558_23495559.jpg
・・・ん?熊が出るのか?

11:40 鏡池【標高2285m】
「鏡平まであと500m」とか「あと5分」とかのメッセージに一喜一憂し、湿原に渡された木道を進むと・・・
鏡池に到着!
e0170558_01180615.jpg
池に写る槍穂もバッチリ!
なんとか水面が静かなうちに辿り着けました。
いやもう魂抜かれるぐらいの絶景です。
カミ様も大はしゃぎ。
e0170558_01220142.jpg

11:50 鏡平山荘着【標高2300m】
鏡池からすぐそこに鏡平山荘がありました。
e0170558_01243472.jpg
そして念願かなって鏡平名物のカキ氷!
売り切れていたらどうしよう、シーズン終了してたらどうしようとドキドキでしたが、無事食べることが出来ました。
標高2300mなのに、ふわふわの氷。
練乳トッピングでさらに美味しさ倍増。
美しい風景を眺めながらの至福のひと時でした。

12:10 鏡平山荘発
それでは、次なる双六小屋のカツカレーに向けて出発。
e0170558_01311423.jpg
鏡平から稜線に向かいトラバース気味に登っていきます。
遠く高く急に見えますが、実際登ってみるとそれほど感じません。
e0170558_01341352.jpg
13:10 弓折乗越【標高2560m】
e0170558_01351050.jpg
ここからは、アップダウンの少ない稜線歩き。
e0170558_01365728.jpg
アップダウンは少ないのですが地味に辛い稜線を辿っていくと、ついに双六小屋発見!
e0170558_01391612.jpg
奥にはドーンと鷲羽岳。
しかし、小屋が見えてからがまた長かった・・・

もうちょっとかな?
e0170558_01421186.jpg
もう少しかな?
e0170558_01431563.jpg
あと・・・
e0170558_01442476.jpg
14:30 双六小屋着【標高2600m】
e0170558_01454296.jpg
玄関で宿泊の手続きをしていると・・・、ん?
e0170558_01221030.jpg
んん?
e0170558_01312379.jpg
リピート山中氏!
そう、本日ここ双六小屋ではリピート山中氏のコンサートが開催されるのです。
今回の登山計画で笠ヶ岳から周回せずに双六岳からの周回にこだわった理由がこのため。
今日のこの日に双六小屋に宿泊するのが絶対条件だったのです。

明日の天気は曇り予報のため、今日のうちに双六岳山頂アタックすべきか悩みましたが、コンサート開催のため夕食時間が早く、帰ってくるのがギリギリっぽいため断念。
明日の天気に賭けて、夕食までのんびりすることにします。
ちなみに、カミ様が楽しみにしていたカツカレーも夕食まで時間が無いためこれも断念。

代わりにのんびりティータイム。
e0170558_00113789.jpg
双六小屋にはケーキがあるんです!
しかも陶器の皿に乗って出てくるなんて、ちょっとしたカフェ気分。
鷲羽岳を眺めながら、コーヒーと紅茶を淹れてティラミスケーキと紅茶シフォンを美味しく頂きました。
16時には双六岳に沈む夕日。
e0170558_00174338.jpg
翼を広げるような鷲羽岳の雄姿。
e0170558_00174800.jpg
このときまでは、いい天気でしたねぇ・・・

16:30から早めの夕食。
e0170558_00201467.jpg
こんな山の上で美味しい天ぷらが食べられるとは・・・
さすが、「山と渓谷 泊まってよかった山小屋2016」の第2位。
食事もさることながら、ホスピタリティもトイレも素晴らしかったです。

19:00からは待ちに待った「リピート山中 山小屋コンサート」が開幕。
e0170558_00264741.jpg
会場の食堂は満員。
歌にトークに大盛り上がりの1時間。
カミ様も手拍子を合わせてノリノリ。
e0170558_00291257.jpg
つい勢いでCDも買っちゃいました~
誰もが一度は聞いたことがある曲は↓こちら。
登山に行くときには、これを聞いてテンションをあげよう~

ヨーデル食べ放題

それぞれの味

いや~、がんばって登ってきたてよかった~

21:00 消灯
今年は「星空の写真を撮る」こともテーマのひとつでしたが、星ひとつ見えないガスガスな空模様。
明日、晴れることを祈りつつ床につきました。
ちなみに、6人部屋に4人のみでひとりで布団ひとつが占有できて快適でした。
Zzzz

[PR]

by gp_backyard | 2016-09-10 23:50 | 閑話休題

レオ7=44

レオは7才になりました。
e0170558_17495593.jpg
こちらのケーキは「めぐみ洋菓子店」で作っていただきました。
ワンコ用のチーズケーキです。
夜には点火式。
e0170558_17552949.jpg
お待たせ。
e0170558_17591711.jpg
よし。
e0170558_17592777.jpg
ごちそうさま。
e0170558_17594184.jpg
ちなみに人間も食べられます。
ちゃっかりとご相伴に預かりました。

お誕生日プレゼントは、2ヶ月ほど前倒しでドライヤーをプレゼント。
e0170558_18050685.jpg
シャンプーのあと乾かす時間が早いと良いかな~と「Dyson Supersonic」を購入。
どれくらいの風量かというと・・・
ごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
e0170558_18101179.jpg
レオもビックリするぐらい。
なかなかよさげ。

[PR]

by gp_backyard | 2016-09-03 23:50 | 閑話休題