<   2017年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

南アルプスの女王様

夏山登山シーズン到来。

GP山岳会の夏山一座目は、天気予報に悩まされ迷いに迷った挙句北アルプス方面から一転、南アルプスとなりました。

南アルプス「仙丈ケ岳」

南アルプスの女王とも呼ばれる優美な山容を持つ3000m峰です。
昨年登った北岳やウタダ登山をした栗沢山の山頂から望み、次の南アルプスで登ろうと決めていた山です。

折角の三連休も天気は下り坂。
天気予報は、当日は晴れのち霧一時にわか雨のちくもりのちときどき晴れ。
翌日も晴れのちガス一時にわか雨、といまひとつ。
天気が悪いようなら撤退もありということで、日帰り弾丸登山に決定。

では行ってみましょう。

---
7/14 22:00 水戸出発
現地で仮眠をとると楽なことに気がついて早出。
途中、レオを実家に預けて常磐道から中央道を駆け抜けます。

7/15 03:30 仙流荘着【標高870m】
バス停脇の駐車場はすでに満車。
川原のほうのの駐車場もだいぶ埋まってました。
皆さん気合入ってますね。
とりあえず寝るZzzz

04:30 起床
バスの始発は06:05ですが、人が多いと臨時便が早くに出るそうです。
朝食を食べて準備したころには、夜も明けて明るくなってきました。
05:00にバス停に行くとやはり長蛇の列ができてました。
e0170558_23004794.jpg
とりあえず乗車の列に並ぶ人と切符を買う人の二手に分かれて並んでいると、次から次へと臨時便のバスが到着。

05:25 仙流荘発
始発予定時刻よりだいぶ早くにバスに乗れました。
天気がよい午前中が勝負なので早く出発できて良かった。

06:15 北沢峠着【標高2032m】
事前の調べで北沢峠にクリンソウが群生しているとの情報がありましたが、探すまでもなくバスを降りたらソコにありました。
e0170558_23071865.jpg
気に留める人が少ないようでしたがもったいないなぁ。

06:45 装備を整え登山届けを出して登山開始。
e0170558_23140940.jpg
最初は森林の中のややきつい登りでしたが、最近のトランポリンエクササイズの効果か体力的に余裕が感じられました。
コースタイム2時間のところ1時間15分で五合目の大滝の頭に到着。

08:00 大滝の頭【標高2521m】
e0170558_23352287.jpg
予定よりも早く登りはじめ、コースタイムを大幅に上回るペースのため午前中には下山してきちゃうんじゃないか、なーんて思ったりもしましたがここからはペースダウン。
トランポリン効果は1時間ぐらいしかありませんでした。

五合目を過ぎると森林限界を越え這松帯へ。
視界が開けます。
e0170558_23522641.jpg
これから登る稜線がドーン!
e0170558_23541391.jpg
振り向けば甲斐駒ケ岳と昨秋ウタダした栗沢山。
e0170558_23551018.jpg
足元には高山植物の花々。
e0170558_00001615.jpg
ここでカミ様はへーんしーん!
バーン!
e0170558_23484153.jpg
日焼け防止のためフルアーマー・カミ様となりました。

09:05 小仙丈ケ岳着【標高2864m】
五合目からほぼコースタイムどおりに小仙丈ケ岳に到着。
e0170558_23532411.jpg
ここからの雄大なカールと仙丈ケ岳の眺めは「素晴らしい」のひと言。
富士山、北岳、間ノ岳のワンツースリーもバッチリ。
e0170558_23583588.jpg
あまりの眺めのよさに30分近く長居をしてしまいました。
再び気合を入れて山頂へ向かいます。
e0170558_00010420.jpg
長野県側のカールに立つ仙丈小屋への巻き道を通過。
e0170558_00325006.jpg
帰りは仙丈小屋からこの道で戻ってくる予定・・・でした。

人がいっぱいいるあのピークが山頂かな?
e0170558_00284423.jpg
小ピークを巻く細めの登山道ももうへっちゃら。
e0170558_00354756.jpg
10:35 仙丈ケ岳山頂着【標高3033m】
e0170558_00371049.jpg
360度絶景~
再びワンツースリー・・・おや、富士山に雲がかかってきちゃった。
e0170558_00432786.jpg
大仙丈岳越しの塩見岳方面。
e0170558_00455815.jpg
この尾根を辿れば間ノ岳に行けるそうだ。
登ってきた登山道・・・ああ、甲斐駒ケ岳が雲に沈んでる。
e0170558_00491093.jpg
長野県側の仙丈藪沢カール。
e0170558_00124238.jpg
この景色を眺めながらお昼にしたいところですが、山頂は混み合ってゆっくり出来そうにないので眼下に見える仙丈小屋で取ることにします。
それでも30分もの間絶景を堪能して、下山開始。
e0170558_00204909.jpg
ちょっぴり雪渓が残ってました。そろりそろーり・・・
e0170558_00223459.jpg
11:20 仙丈小屋着【標高2890m】
仙丈小屋も登山者で大賑わい。
e0170558_00273787.jpg
ここでお昼休憩。
あまりにも暑すぎるので、コーラ(\400)で喉を潤します。
売店を見てるとコーラが飛ぶように売れてました。
山で飲むコーラは、さながらエリクサーの如し。
く~っ、生き返る~~~

最近は山バッチを買うことにしています。
ここ仙丈ケ岳ではプレミアム版が仙丈小屋では800円、下界のこもれび山荘では1000円と価格の逆転現象が起きてるとのことで、プレミアム版を買おうとしたのですが残念ながら売り切れ。
ノーマル版を600円で購入しました。

周りの山々を見ると北アルプスは雲に沈んでるし、東の雲は甲斐駒がブロック。
南は北岳がガードしてくれて、ここ仙丈ケ岳周辺だけずっと快晴のようです。
天気の心配が無くなったので、ゆっくり休憩が取れました。

振り返れば広大なカール。
e0170558_00362171.jpg
天空の稜線を歩く人たちも良く見えます。
e0170558_00372914.jpg
12:00 仙丈小屋発
さて帰りますか。

下山道は当初、小仙丈ケ岳を経由して登ってきた道をピストンしようと考えていましたが、仙丈小屋から先ほどの分岐点まで登り返すのが意外にキツそう・・・
売店のおねーさんや小屋番さんに聞いて、ややラクそうな藪沢新道から下山することにしました。

藪沢新道は昨日開通したばかりで、ところどころ雪渓が残っていましたがアイゼンは必要なくサクサク。
e0170558_00454288.jpg
さよなら仙丈ケ岳。
e0170558_00483322.jpg
12:35 馬の背ヒュッテ通過【標高2640m】
e0170558_00521617.jpg
馬の背ヒュッテを通過して藪沢に下り、そこから藪沢に沿ってこのまま藪沢新道で下るか、藪沢小屋経由で大滝の頭に戻り元のコースで北沢峠に戻るか・・・
しばし悩みましたが、前を行く人がみんな大滝の頭に戻るコースに進むのでそちらを選択。

13:10 巻き巻きしながら大滝の頭に到着

14:10 北沢峠着
e0170558_00583296.jpg
14:30発のバスに無事間に合いました。
バスを待つ間、向かいのこもれび山荘でジュースを買いがてら、山バッチの値段を見てみるとなんとノーマル版は500円・・・、あれ?

仙流荘で汗を流して、一路中央道で帰宅。
中央道はちょっと渋滞してたので、レオ君には実家でもう一泊してもらうことにしました。
ごめんね。

22:00 水戸着
よくよく考えてみたら、昨日の22:00に家を出てから現地で1時間の仮眠はしたけど、ほぼ24時間起きてたとこに気がついた。
とりあえず寝る。
Zzzzz・・・

[PR]

by gp_backyard | 2017-07-15 23:00 | 閑話休題 | Trackback | Comments(0)