フランスダンタン指定 パリ6日間コース【7/15】

只今、某ファストフードではフランスのマックメニュー「ル・グラン」を販売中。
今回の旅ではマックには立ち寄らなかったので、ほんとにあったかは不明ですが、どんなものかと食べてみる。
e0170558_0245618.jpg

もぎゅ、もぎゅ、もぎゅ。
しばし、フランスに思いを馳せる・・・

---
仏7/15
06:30 起床

07:00 déjà vu な朝食
e0170558_0452278.jpg

違いはダノンのフレーバーがアプリコット。
e0170558_0452483.jpg

でも、パンが美味しいから許す。

本日は、旅の目的のひとつ、蚤の市へ。
蚤の市といえばクリニャンクール、ヴァンブ、モントレイユ。
クリニャンクールが一番大きいそうですが、広すぎても見て回るのが大変そうなので、ヴァンブの蚤の市へ行ってみます。

07:55 ホテル出発
本日も曇り&肌寒い気温。
e0170558_0475031.jpg

Opera駅からメトロ8号線に乗り、Invalides駅で13号線へ乗り換え。

08:30 Porte de Vanves駅下車
e0170558_191210.jpg

カミ様は看板も読めるらしい。
看板に沿って、歩くこと1分で会場らしき所にでる。
7時頃からとガイド本に載ってましたが、まだまだ準備中の店が多い。のんびりとしてますなぁ。
とりあえず、ざぁーっと見てまわる。
e0170558_0594451.jpg

まわる。
e0170558_1224343.jpg

まわる・・・
e0170558_1224567.jpg

・・・結構長い?
差し渡し1km近く、様々なジャンク、アンティーク、ヴィンテージ品が歩道に所狭しと並べられていました。
e0170558_2357161.jpg

良さげなカフェボウルが並ぶ軒先でふと立ち止まると、そこは日本人の陶器関係の古物商の方のお店。
e0170558_1531190.jpg

ジアン、リモージュ、セーヴル等々。
アンティーク、ヴィンテージなどなどなど。
色々とウンチクを教えて頂きました。
それにしても、フランスの蚤の市で日本語で会話できるとは思いもよらず・・・
お客さんにも日本人がチラホラ。

せっかく来たのだから、フランス語で会話しないとね。
と、カミ様がいい感じの皿を売っているおっちゃんと価格交渉開始。
e0170558_0184153.jpg

えーと、70ユーロ?高いなー・・・
は?全部で?
・・無理です。持ち帰れません。

10:00 次の目的地、サン・ジェルマン・デ・プレ地区へ。
Porte de Vanves駅からMontparnasse Bienvenue駅でメトロ12号線に乗り換えて、Sevres Babylone駅で下車。

10:40 Chapelle Notre-Dame de la Médaille~奇跡のメダイユ教会~
e0170558_0322225.jpg

奇跡のメダルを求めて参拝。
日曜日は礼拝の日のため教会には信者、巡礼者で一杯でした。

サン・ジェルマン・デ・プレ教会方面へテクテク。
途中なんてこと無い公園だと思ったら、メリーゴーランドが?
e0170558_0453767.jpg

色々と微妙なオブジェではありますが、公園にメリーゴーランドとはさすがおフランス・・・

日曜はお休みのPoilane(ポワラーヌ)通過。
e0170558_0475314.jpg

また日を改めて・・・
日曜日はお休みのCitypfarma(シティファルマ)も通過・・・

11:20 Église Saint-Germain-des-Prés着。
e0170558_0525349.jpg

ロマネスク様式の鐘楼が特徴のサン・ジェルマン・デ・プレ教会。
上を見上げてばかりでも何なので下を見てみる。
e0170558_115623.jpg

石畳が雰囲気出てますねぇ。
近くには、老舗カフェCafe de Flore。雰囲気出てます。
e0170558_16362534.jpg

先に進んでお店散策。
あー、Lothantique(ロタンティック)もお休みか・・・。ホント日曜は休みの店が多い。
BENSIMON(ベンシモン)はチラ見。
e0170558_16505646.jpg

個人的には対面のビストロのタイル張りの店構えが気になる。
e0170558_16524792.jpg

路地をそぞろ歩き。
e0170558_16574138.jpg

美味しそうなオリーブオイルのお店OLIVIERS&CO.(オリヴィエ&コー)発見。
e0170558_1658791.jpg

カミ様が店員とあれこれ会話してオリーブオイルを試飲させていただくことに。
・・・ほーぅ、風味が違うものですな~。

そろそろお昼の時間ということで、モンマルトル地区へ移動。
St-Germain-des-Prés駅からメトロ4号線に乗り、Barbès-Rochechouart駅でメトロ2号線に乗り換え。

12:50 Blanche駅下車。
地上に出るとムーラン・ルージュの赤い風車が目の前に。
e0170558_21271447.jpg

10年前は夜に来店し妖しげな感じでしたが、昼間は健康的。
モンマルトルといえば、旅行の前には「アメリ」で予習しておきました。
そんなワケで、ルピック通りを少し上がった所にあるCafe des 2 Moulinsでランチ。
e0170558_227596.jpg

お腹が満ちたところで、ムーラン・ルージュ前のブランシュ広場から出発するプチトランで一気にサクレ・クール聖堂まで登る作戦を実行する。
モンマルトルはパリで一番高い丘なので、結構勾配がキツイのですよ・・・

15:10 テルトル広場着
e0170558_22163390.jpg

いや~ラクチン。
ひと角曲がると、すぐそこにサクレ・クール寺院、そしてパリを一望。
e0170558_2232521.jpg

パリで一番高い丘だけに眺めは最高。
サクレ・クール寺院は、見た目どおり中も広くて壮観。(カメラは禁止)

15:40 テルトル広場からアベス広場に向けて下山開始
テルトル広場は画家さんがいっぱい。似顔絵もそっくり。すごいな~。
e0170558_23135721.jpg

急な階段を下っていくと、アゴヒゲな猫やアメリの八百屋さんも発見。
e0170558_23204100.jpg


16:00 アベス広場
広場に隣接する公園には世界中の告白の言葉が記された「ジュテームの壁」なるものがありました。
e0170558_23243435.jpg

もちろん日本語もいくつかありましたが、ハト語は無かったような?
e0170558_2329119.jpg

Pigalle駅に向け、マルティール通りを下る途中、何やら美味しそうなパン屋「La Flute de Pain」で夜食を買い込む。
e0170558_23583673.jpg

それにしても、地下鉄の入り口もまたおフランスな感じ。

16:30 Pigalle駅からメトロ12号線に乗り、St-Lazare駅でメトロ3号線に乗り換えてOpera駅へ。
明日の朝も早いので、本日は早々にホテルへ撤収。

夜、モンマルトルのパン屋で買い込んだケーキを食す。
e0170558_0629.jpg

ショーケースに書いてあった名前は「Saint-honoré(サントノレ)」。
19世紀にサントノレ通りの菓子職人が作った、パイ生地の上にプチシューを飴で貼り付けたスタイルのケーキ。
持ち帰りの際に少し形は崩れてしまいましたが、味は変わらず。
うまい~

あとで調べてみると、パン屋に掛かっていた看板、「La Flute gana」から許された「Flute Gana」がお勧めだったらしい・・・

本日の移動先。
e0170558_050599.jpg


歩いた距離・・・9.5Km。
[PR]

by gp_backyard | 2012-07-29 23:50 | 閑話休題

<< フランスダンタン指定 パリ6日... フランスダンタン指定 パリ6日... >>