あじさいとほたる

庭の紫陽花が見頃ということは、あそこの紫陽花も見頃かな?
ってことで、梅雨の晴れ間の五月晴れの週末にカミ様と自転車で水戸の紫陽花巡りをしてきました。

まず訪れたのは、水戸八幡宮
e0170558_21403877.jpg
八幡さんでは、夏越の大祓式に向け大きな茅の輪が設置されていました。
参道脇の八幡の杜はあじさいのシーズン中は「山あじさいの杜」に改名?
e0170558_21520805.jpg
「花笠」「白富士」など様々な山あじさいが木漏れ日の中に咲いておりました。
e0170558_22090708.jpg
e0170558_22090830.jpg
e0170558_22091061.jpg
e0170558_22091253.jpg
e0170558_22091600.jpg
e0170558_22091708.jpg
改めてしみじみと見てみると、様々な品種があるんですねぇ。

常陸方面を見渡せる駐車場側には柏葉あじさいの壁。
e0170558_22123365.jpg
那珂川を望む烈公御涼所の樹齢400年のケヤキと樹齢300年のカエデも見事。
e0170558_22153965.jpg
e0170558_22154111.jpg
e0170558_22171252.jpg
境内で茅の輪を八の字にくぐって参拝し、樹齢800年の御葉付公孫樹と樹齢200年の右近の桜の木陰でお茶を一服。
e0170558_23175949.jpg
e0170558_23175211.jpg
巫女さんが参拝者に冷茶とあじさいの落雁を振舞っていました。
ん~、まったり・・・

次にジモティーのカミ様の案内に従って、裏道をチャリチャリと駆け抜けると保和苑に到着。
e0170558_23280353.jpg
水戸のあじさいまつりの中心地、約60種6000本のあじさいが見頃を迎えていました。
あじさいまつりは翌6/14からですが、既に読売ツアーをはじめ多くの観光客で賑わっていました。
e0170558_23363742.jpg
e0170558_23363578.jpg
かつての面影を残す鳥舎には毅然とした孔雀さまが鎮座。
e0170558_23430290.jpg
山あじさい通りの斜面のあじさいも見事に育っていました。
e0170558_23473924.jpg
童心に返って、鐘を一突きするカミ様。
e0170558_23490733.jpg
子供の頃は、ここに来たら必ず鐘を突いていたそうです。

帰り道、夏の日差しに負けてフラフラとハナトコに立ち寄り、ぐいっと一杯。
e0170558_23562926.jpg
ふ~、生き返った。
いちごと檸檬のソーダ、絶品です。

---
夜。
こんな蒸し暑くて風の無い夜は、もみじ谷にきっとアレが出るはず。

・・・いた!
e0170558_00062567.jpg
ホタルの淡い緑色の光がもみじ谷に舞っていました。
e0170558_00075625.gif
ざっと30匹ぐらいは、いるかな?
夏の風物詩ですねぇ。




[PR]

by gp_backyard | 2015-06-13 23:50 | 閑話休題

<< 第3の空間 Mercato by Reli... >>