コーヒー三味

ひと味目。

先々週の話ですが、カミ様が一人で東京へ出掛けたとき、新丸ビルのスタバでただならぬ体験をしてきたとのこと。
そのとき飲んだコーヒー豆がこちら、「スラウェシ パンゴ パンゴ」。
e0170558_20431454.jpg

スタバの中でも限定された店舗でしか取り扱っていない「スターバックス リザーブ」のひとつ。
その「スターバックス リザーブ」が飲めるお店では、特別席に案内され専用の抽出機「クローバー」で抽出したそのコーヒーがも飲めるとのこと。
さて、このプレミアムな豆をどうやって飲もうかと思って閃いたのは、以前秋葉原の『Vault Coffee』のバリスタから聞いた急須方式。
いわゆるプレス方式のプレスが無い淹れ方。
・・・分かりづらい?
では、実践。
1.豆は一人分15gほど。
2.中挽き。
3.挽いた豆をティーサーバへ。
4.沸かしたお湯を90度ぐらいに冷まして、豆を入れたティーサーバへジョボジョボと注ぐ。
5.軽くかき混ぜて、4分ほど抽出。
e0170558_20582724.jpg

6.時間になったら、金属製フィルタ(化繊フィルタがなかったので)で濾します。
e0170558_210381.jpg

7.出来上がり。
e0170558_2111752.jpg

ペーパーフィルターと違って、コーヒーオイルが吸収されずにドリップされるので(金属フィルタの目も粗いから・・・)いつものコーヒーとは違いややにごり気味。
e0170558_21235279.jpg

さて、お店の味が再現できたかな?

---
ふた味目。

今年狙っている北アルプスの山はヘルメット推奨であるため、登山用ヘルメットを求めてLALAガーデンつくばの好日山荘へ。
その帰りに立ち寄ったのが「太陽と月の珈琲 つくば旅人のコーヒー店」。
e0170558_2130386.jpg

2014年ローストマスターズチャンピオンシップで優勝したスペシャリティコーヒーの自家焙煎のお店です。
店内にもカフェスペースがあり、電車の車窓を思わせる大きな窓から田園風景と筑波山を眺めながら飲むコーヒー・・・・
・・・は、さぞ美味しそうでしたがあいにくレオも一緒だったのでコーヒー豆を購入して撤収してきました。
購入した豆はこちら「エチオピア・モカ・ナチュラル」
e0170558_21453225.jpg

ナチュラルとは天日での自然乾燥のことだそうだ。
普通にコーヒーメーカで淹れて飲んでみたけれど、それでもなお美味い。
よくコーヒーテイストでフルーティーなんて形容詞があるけれど、まさにそんな味でした。
今度はハンドドリップで淹れてみようっと。

---
さん味目。

本日は会社がお休み。
でもカミ様は出勤日だったので、台風の影響で時折豪雨のなか、お一人様ランチしに久々に「Rouge Noir」に行ってみました。
相変わらずとても上手なラテアート。
e0170558_2265448.jpg

中年男のぼっち客にも手を抜かないそのプロ根性、さすがです。
[PR]

by gp_backyard | 2015-07-16 23:50 | 閑話休題

<< 登山準備 ささやかな記念日 >>