お風呂狂想曲

10月に入り、今年GP山岳会が征服した山々は気温が氷点下となり雪が降り積もり、すっかり冬山模様。
やっぱり、GP山岳会の活動時期はギリ9月までと再認識するのでありました。

最後に登った立山の帰りは、駐車場の制限時間があり慌しくアルペンルートを乗り継いで帰ってきましたが、そんな中、黒部ダムの展望台販売所に駆け込んで買ってきたのが、これ。
「ハサイダー」
e0170558_23084371.jpg
何やら強そうな商品名ですが、「破砕帯からの湧水で作られたサイダー」ということです。
あとで立山をはじめ、今年の登山の思い出に浸りながら飲むとしましょう。

---
10月は水戸でイベントがイロイロ。
今週末は、七つ洞公園で「ナナツドウ ハーヴェスト フェスティバル」が開催されていました。
e0170558_23221472.jpg
e0170558_23263769.jpg
e0170558_23263423.jpg
収穫祭だけあって、今回は飲食ブースが多く、花は少なめ。
実りの秋らしいディスプレイでした。

今回はいつもの、「あの匂い」が感じられなかったので、秘密の花苑まで足を伸ばしてみました。
花苑の入り口では、バラのアーチをつくる催しをしてました。
これだけバラがあると、華やかですね〜
e0170558_01092169.jpg
花苑に足を踏み入れると、見事なボーダーガーデンが広がってました。
e0170558_01123643.jpg
e0170558_01162518.jpg
初めて見たときのガッカリ感からの見事な再生を実感しました。

---
石油給湯器が壊れました。
10月の3連休はどこかドライブにでも、と思ってましたが「お風呂に入れないのは困る!」という事で石油給湯器を探して奔走することに。

すぐにメーカーサービスを呼んだのですが、部品は受注生産で、部品が届くのは連休明けから10日ぐらいかかるとか。
それならいっそ本体交換しようかと、まずはスーパービバホームで見積りすると、同じ型式の物で連休後一週間ぐらいで施工できるとのこと。
9年目になる給湯器は昨年にも修理してそろそろ寿命かなぁ、と思い本体交換で契約しました。
とりあえず、お風呂は一週間ひたちなかの喜楽里別邸に通うか…

そして翌日、ビバホームから凶報。
9月の常総水害の影響で、特に石油給湯器が品薄状態のようで本体交換だとひと月かかるとか…
ならばと、近場のリフォーム業者に急遽見積もってもらいましたが、在庫は持ってないので納期はメーカー問い合わせになるとか。
う~ん、これもダメっぽい・・・

次はジョイフル山新へ。
店員に説明すると、グランステージ山新に新型の互換品の在庫があるとか。
やっほーーーーっ、と急いでグランステージ山新へ移動する途中、不幸の電話。
壊れた給湯器は壁掛け型なのですが、グランステージ山新にあるのは据え置き型。
設置方式を変えると配管など大幅な変更工事が必要だとか。
うむむむ・・・

そして、ダメもとでジョイフル本田に電話で問い合わせ。
すると、何と在庫あり!(ホント?)
まずは、夜も遅くなりましたが現地で見積りに来てもらいました。
そして、ライトに浮かび上がる給湯器を見て、「壁掛け式ですか・・・」とポツリ。
在庫品はやっぱり据え置き型とのこと。
ちなみに配管工事は「おいくら万円?」と聞くと「壱万円ちょっとですね」。
じゃあ「納期はどのぐらい?」と聞くと「明日の午後ですね」。
はい、決まり。

翌日、配管工事は大変だろうなぁと思っていたら、据付含めて一時間ちょいで完了。
すごいぜ、ジョイ本。

三連休の最終日の夜、久々の自宅のお風呂は実に快適でした。

[PR]

by gp_backyard | 2015-10-17 23:50 | ガーデニング

<< MiTO MACHINAKA ... 立山カッツ・アイ >>